KELEK – ドローンによる空撮、計測、点検を専門とする東京都八王子市の会社

KELEK(ケレック)は、ドローンによる空撮、計測、点検を専門とする東京都八王子市の会社です。

TEL.042-683-0339

〒193-0943 東京都八王子市子安町4丁目3番3号

ドローンオペレーターのブログ

KELEK_八王子駅南口事務所への道順

八王子駅南口から近い事務所です。

東京都八王子市子安町4丁目3-3_マージュ八王子202

【JR八王子駅からの道順】

ルート1

八王子駅改札を出て左へ進みます。

ルート2

南口方面へ真っすぐ進みます。

ルート3

エスカレーターを下ります。※降り口の目印としては、左手に『おむすび権兵衛』さんがあります。

ルート4

エスカレーターを下ったら右へ進みます。

ルート5

歩道橋の下の通路を進みます。

ルート6

サザンスカイタワーの脇の通路です。

ルート7

通路を通り抜けると、正面に『ノアール』という建物があります。

ルート8

『ノアール』の左隣が『郵便局』です。その間の道を進みます。

ルート9

間の道を進みます。もう少しです。

ルート10

『ノアール』を通り過ぎた次の建物が、事務所のある『マージュ八王子』です。

ルート11

こちらの建物の202号室がKELEKの事務所となっております。

寒冷地仕様のドローン導入しました。

Inspire2

寒冷地での撮影案件があり、自己発熱+並列バッテリー採用の『Inspire2』を導入しました。

-20℃の環境下で飛行可能と謳っています。

寒い時期のバッテリー対策から解放されるのは、非常にありがたいです!

Inspire2+Juta

Inspire2+Juta

その他もリダンダントセンサー、フロントカメラ、衝突センサー、良い機能が満載です。

KELEK_DRONE

KELEK_DRONE

後日、この機体に関しても航空局から全国包括飛行承認いただきました。

全国包括承認

全国包括承認

 

はじめての作業船の仕事。

開洋

11月初旬、沖縄県竹富町にて『作業船による水道管敷設作業』に同行して写真や動画を撮影しました。

空撮画像の掲載許可をいただいたので、アップします。

・竹富町は、八重山諸島のいくつかの島からなっています。石垣島から高速船で移動しました。まずは西表島へ。

西表島

西表島

・作業船には約1週間寝泊まりし、貴重な体験をさせてもらいました。作業船内は非常に快適に暮らせます。デスクワークもはかどりました。そしてご飯がおいしい。

作業船内

作業船内

・船上からのドローン空撮では、『Phantom3』を使用しました。撮影用の船上は揺れますので、ハンドリリースとハンドキャッチをする必要がありました。

ハンドリリース

ハンドリリース

・作業船による敷設作業は天候に大きく左右されます。天候が落ち着くまで3日船内で待ちました。作業が開始すると作業員さんダイバーさん皆さん早朝から遅くまで作業をします。そして無事敷設完了しました!

敷設風景

敷設風景

上地敷設場所

上地敷設場所

 

・帰りの際は時間が余り、石垣島を原チャリで観光しました。

本当に楽しく貴重な体験でした。またぜひ作業船の仕事に参加したいです!

石垣島

石垣島

雑誌『The ROBOT イノベーション×ビジネス』にご掲載いただきました。

撮影風景

雑誌『The ROBOT イノベーション×ビジネス』にご掲載いただきました。

http://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000661

自分とご一緒に仕事をすることにご興味のある方、ご連絡いただければ幸いです。

サーモカメラ導入しました。

ZenmuseXTが到着しました。

サーモサンプル2 サーモサンプル1

撮影時の温度表現にはたくさんの種類があります。

モニター中心点の絶対温度も測れます。0.1℃未満の誤差だそうです。

撮影画像は『FLIR tool』で解析可能です。

 

サーモサンプル4

ZenmuseXT by FLIR

 

名称:DJI ZenmuseXT_ZXTA19FP

レンズ:19mm

画角:32°×26°

解像度:640×512

フレームレート:30Hz

温度感度:0.1℃未満

対応温度:

高ゲイン(-25℃~135℃)

低ゲイン(-40℃~550℃)

※絶対温度の計測可能

写真フォーマット:JPEG、R-JPEG(FLIRツールにより解析可能)

ビデオフォーマット:MP4

フライトコントローラーSYNAPSEのファームウェアアップデート。

Flight log

Freefly ALTAに使用されているオリジナルフライトコントローラーSYNAPSEのファームウェアの新バージョンがリリースされましたので、アップデートしました。

細かな部分の改良もたくさんありますが、特に以下の2点が実感できる大きな改良に感じました。

・『ハイトホールドモード』と『ポジションホールドモード』の性能が向上したようです。飛行テストをしましたが、スピーディーな垂直降下時の揺れが明らかに少なくなっていました。とても良い感じです。

・着陸後にiPadのアプリ上でフライトログを見れます。機体のセンサーの情報やモーターそれぞれの情報を飛行後そのまま確認できるのは画期的だと思います。飛行したイメージとログがリンクしやすくなりそうです。

Altaアップデート

Altaアップデート

ドローンパイロット請川さん。

大先輩の請川さんがテーマです。

何年も前、初めてお会いしたときに「映像撮影のときは一瞬が勝負なので、そのときは息を止めてる」と言っていたのが印象的でした。また、そのころは飛行安定装置も無いので、ものすごい集中力とテクニックが必要でした。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』5月23日放送予定。

放送が楽しみです。録画予約しました!

文教大学にてドローン実習。

文教大学ドローン実習

文教大学情報学部メディア表現学科の篠崎先生の元で、臨時講師としてドローン実習に参加させていただきました。

GPSの受信状況も良い場所だったので、センスのある子はすぐに飛行できていました。

機体の安定にはいろいろなセンサーが搭載されているので安定して飛行できること。そのセンサーは環境によりうまく機能しないことがあることなどをお話しさせていただきました。