改正航空法に伴う都内の飛行申請書受理されました。

航空法が改正され、2015年12月10日から人口密集地での無人航空機の飛行をするためには、国土交通省の許可をもらう必要があります。

弊社は東京都八王子市ですが、東京都内の撮影が多いので申請が必須です。

当初は簡単な書式に書き込んだものを用意して提出したのですが、航空局からは訂正事項の山がメールで届き、焦りながらもなんとか直し、やっと申請を受理してもらえました。

航空局が必要としていた大事な点は以下です。

・飛行する場所が空港等の周辺(進入表面等)に該当するかどうか。

・飛行するドローンの仕様

・飛行するドローンの点検など機体の安全は対策されているか?

・飛行させる操縦者の経験はどのようなものか?

・禁止されている飛行(人口密集地や夜間、目視外など)をするにあたり、国土交通省の求める審査要領をクリアしているか?

・安全に飛行させるための「飛行マニュアル」の作成

まー大変でした。

ただ、しっかり許可をもらった上での仕事が出来るので、都内での業務はやりやすくなると感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です