実証場所

対地高度300mのドローンによる低層大気観測(気象・放射線)実証 フライト試験

9月19日福島県双葉郡浪江町のロボットテストフィールド予定地(現在東北電力敷地)にて「ドローンによる低層大気観測(気象・放射線)実証フライト試験」へドローンオペレーターとして参加させていただきました。

対地高度300mまで上昇し気象観測をしています。
※航空局始め、関係各所への飛行申請をし承諾済みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です